青汁を豆乳で割るメリットについて

e-青汁ランキング|おいしくて飲みやすい人気の青汁!選び方はコレ

青汁を豆乳で割るメリットについて

 

 

青汁を何に混ぜるかというときに、水に混ぜるという方法が一般的な方法ですが、飲みやすさ栄養面を考えて豆乳に混ぜて飲むという方法があります。青汁+豆乳だと多くのメリットがあるようです。今日から実践したくなる理由を探ります!

 

青汁を豆乳で割ると飲みやすい

以前の青汁に比べて飲みやすくなったとはいえ、苦手な人がいるのも事実です。青汁を水に混ぜるとダイレクトに味を感じてしまうからでしょう。その点、豆乳で割るということで、かなり青汁感を無くすことはできます。

 

豆乳そのものが苦手という人もいるでしょう。そのような人にも、青汁+豆乳だと豆乳感を無くすことができます。豆乳が苦手という人にとっても青汁を混ぜることによって、飲みやすくなるのです。

 

青汁を豆乳で割るとどんな味?

青汁+豆乳の味をひとことで言えば、抹茶ラテです。カフェなどで飲むことができる抹茶ラテそのものです。「これが青汁?」「これが豆乳?」というような味になるので、良い意味で想定外の味です。

 

青汁を豆乳で割ると栄養面はどうなる?

飲みやすさだけではありません。栄養面においても、青汁を水に混ぜるより確実に高まります。ここで豆乳の栄養価について説明しましょう。
大豆イソフラボン、大豆たんぱく、レシチン、サポニン、ビタミンB群、ビタミンE、オリゴ糖、カリウム、マグネシウムが豆乳の主な成分です。

 

青汁豆乳の女性に嬉しい効果

女性ホルモンの分泌が乱れて来ると、女性特有のあらゆる不調に悩まされます。PMS、生理痛、更年期障害・・・このような悩みを解消してくれます。

 

豆乳にはオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖はお通じを改善してくれるので、便秘解消効果があります。

 

豆乳には豊富なビタミンB群が含まれていますが、このビタミンB群が不足するとイライラしたり、集中力が低下したり、肌荒れを引き起こしたりします。それらを防ぐことができます。

 

豆乳の種類

豆乳には、無調整豆乳と調整豆乳があります。無調整はその名のとおり、調整されていない大豆だけが原料の豆乳です。調整豆乳は、砂糖などを加えて味を調整したものです。できれば、無調整豆乳を選んだ方が良いでしょう。

 

 

美味しい青汁ランキングはコチラ>>

 

ホーム RSS購読 サイトマップ