青汁の原料「桑の葉」のココがスゴイ!

e-青汁ランキング|おいしくて飲みやすい人気の青汁!選び方はコレ

青汁の原料「桑の葉」のココがスゴイ!

 

 

桑の葉の効果と言えば、糖尿病の予防と改善です。桑の葉の効果は食前15分〜食事中に摂取することで効力を発揮します。ほかの青汁の原料と比べると、飲む時間帯について効果のある時間帯がはっきりしている点が少し違います。

 

桑の葉の主な成分

DNJ(デオキシノジリマイシン)、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、亜鉛、鉄分、マグネシウム、カルシウム、食物繊維、各種フラボノイド、カロテン、γアミノ酪酸(GABA)

カルシウムが牛乳の約24倍、鉄分がほうれん草の約15倍も含まれていることで有名です。カルシウムと言えば牛乳、鉄分と言えばほうれん草と言われるほどなので、これには驚きです。

桑の葉の効果

糖尿病の予防と改善、高血圧の予防、中性脂肪値やコレステロール値を下げる、肝臓や腎臓機能の改善、ダイエット、リラックス効果。

 

また、GABAの効果でリラックス効果や誘眠効果もあります。

 

毛細血管の収縮を和らげ、高血圧抑制効果があります。中高年が改善したい健康面での効果が多い印象です。

桑の葉の注目すべき特徴

桑の葉は糖質の抑制という効果があるので、糖尿病の治療中という人は医師に相談してからはじめるようにしましょう。蚕のエサとして古くから栽培されてきましたが、抹茶のような味わいなので、お料理にお菓子作りに使用することができます。桑の葉茶として、普段から飲用している人もいます。

 

ダイエット効果が高いことで有名ですが、日本脂質栄養学会で発表された桑の葉に関する実験で、3ヶ月に体重が1Kg減、ウエストサイズが2cm減という結果が発表されました。これは、食事制限や運動を全くしない状態での結果なので、純粋に桑の葉の効果と言えるでしょう。ダイエットの成功は緩やかに痩せることです。桑の葉を摂取するだけのダイエット法は、緩やかなダイエットなのでリバウンドを避けることができると言えます。

 

 

美味しい青汁ランキングはコチラ>>

 

ホーム RSS購読 サイトマップ