青汁お役立ち情報

e-青汁ランキング|おいしくて飲みやすい人気の青汁!選び方はコレ

青汁お役立ち情報 記事一覧

青汁の原料「大麦若葉」のココがスゴイ!

大麦若葉のすごいところは青汁の原料として一番多く使われていることです!!「選ばれている」ということは、それだけ魅力的な内容だからということ。その理由について、成分や効果、注目できる特徴から見て行きましょう。大麦若葉は、イネ科の植物である大麦の若い葉の部分です。大麦が穂をつける前の20〜30pに生育した新鮮な若葉のことと言います。・・・

≫続きを読む

 

青汁の原料「ケール」のココがスゴイ!

ケールが青汁の原料として選ばれている理由のひとつに、1年中栽培可能で安定した収穫ができるということがあります。原産は地中海沿岸ですが、基本的に温暖な気候であれば、1年中栽培可能な緑黄色野菜です。見た目はキャベツが葉を広げたような感じです。ケールの主な成分はβ-カロテン、ルテイン、ビタミンC、カリウム、食物繊維、メラトニン。・・・

≫続きを読む

 

青汁の原料「明日葉」のココがスゴイ!

せり科の植物であり、日本原産で房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸に自生します。別名「八丈草」とも呼ばれています。総丈1メートル前後に育つ多年草です。茎の色で伊豆大島産のものを「赤茎」、八丈島産のものを「青茎」と呼びます。β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル類、・・・

≫続きを読む

 

青汁の原料「桑の葉」のココがスゴイ!

桑の葉の効果と言えば、糖尿病の予防と改善です。桑の葉の効果は食前15分〜食事中に摂取することで効力を発揮します。ほかの青汁の原料と比べると、飲む時間帯について効果のある時間帯がはっきりしている点が少し違います。桑の葉の主な成分 DNJ(デオキシノジリマイシン)、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、亜鉛、・・・

≫続きを読む

 

酵素青汁を飲むなら活性酵素入りにすべし!

現在、酵素と名の付く商品は多く並んでいますが、どの酵素も同じように効果があるわけではありません。活性酵素が入っているかどうかで変わってきます。活性酵素入りの青汁は、酵素のはたらきが失われないように作られた青汁で、酵素の効果と青汁の効果をひとつで摂ることができるものです。いわゆる、本当の意味で効果がある青汁なので、青汁を・・・

≫続きを読む

 

青汁を豆乳で割るメリットについて

青汁を何に混ぜるかというときに、水に混ぜるという方法が一般的な方法ですが、飲みやすさと栄養面を考えて豆乳に混ぜて飲むという方法があります。青汁+豆乳だと多くのメリットがあるようです。今日から実践したくなる理由を探ります!青汁を豆乳で割ると飲みやすい 以前の青汁に比べて飲みやすくなったとはいえ、苦手な人がいるのも事実です・・・

≫続きを読む

 

青汁に乳酸菌が入っているメリットについて

近年、再ブームとなっている「青汁」、あらゆる種類の青汁の中で乳酸菌入りというものがあります。この乳酸菌入りの青汁について、どのようなメリットがあるのか探ってみました!乳酸菌は腸に良いということ以外にもあらゆるメリットがあるようです。 乳酸菌は腸に良い 乳酸菌の効果としてまず挙げられるのが、腸に良いということ。漠然と腸に・・・

≫続きを読む

 

青汁にフルーツが入るメリットデメリット

さまざまな種類が発売されている青汁ですが、フルーツ入りのものがあります。このフルーツの入った青汁にはどのようなメリットとデメリットがあるのか見て行きましょう。思わぬメリットとデメリットも存在するようです!青汁選びの参考になること間違いなし! 青汁にフルーツが入るメリット 青汁が飲みやすくなるというメリットがあります。今・・・

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ