青汁の種類はどのくらいあるの?

e-青汁ランキング|おいしくて飲みやすい人気の青汁!選び方はコレ

青汁の種類はどのくらいあるの?

 

 

「青汁」とひとくちに言っても、その種類はかなり多いようです。原料の違いもありますし、同時配合されているものにも違いがあります。青汁の種類を知れば、どの青汁を選ぶのが自分にとってベストなのかということも分かります。参考にしてください!

 

ローヤルゼリー入り青汁

一般的な青汁に、ローヤルゼリーを配合したものです。青汁の効果にプラスして、疲労回復効果があるので忙しいサラリーマンを中心に人気があるようです。しかし、ローヤルゼリーそのものが高級なのでお値段はやや高めです。

 

酵素入り青汁

一般的な青汁に、酵素を配合したものです。酵素ドリンクと青汁をひとつにしたような印象があります。コスパが高いと言えるでしょう。ダイエット効果が高いので最近はこの酵素入り青汁に注目が集まっています。

 

乳酸菌入り青汁

一般的な青汁に、乳酸菌を配合したものです。腸内環境を良くする効果が高いことと、アレルギー疾患の予防と改善が期待できるとあって人気があります。また、乳製品が苦手という人でも手軽に乳酸菌の摂取ができるので年齢を問わず人気があります。

 

ミドリムシ入り青汁

ミドリムシには健康効果が高いことで有名です。肉と魚に含まれるような成分も配合されています。このミドリムシ入り青汁は野菜不足を補う一般的な青汁とは少し違った印象です。ややお値段が高めです。

 

寒天ジュレ青汁

青汁を手軽におやつ感覚で食べることができるのが、寒天ジュレ青汁です。抹茶や黒糖などを使った和風の寒天ジュレタイプや、フルーツを使ったタイプもあります。持ち運びしやすく、水などに混ぜなくて良い点は手軽ですが、一方で料理に使うことは難しいと言えます。

 

フルーツ青汁

一般的な青汁にフルーツを使ったものです。飲みやすさを追求しているので、香りも味も甘いことが多く、使用しているフルーツの種類多いようです。ただ、フルーツを使っているので糖質やカロリーが高い点は気になります
フルーツを単独で使っている青汁には、レモンの青汁というものもあります。こちらは結構レモンの味がするので、レモン好きの人にはピッタリです。

 

冷凍タイプ

昔ながらの青汁です。味はお世辞にも飲みやすいということはありませんが、青臭さを好む人には人気があります。フレッシュさは感じると思いますが、解凍したらすぐに使わないといけないので持ち運びはできないでしょう。

 

あらゆる青汁が発売されているのですが、その中でもコスパも高く、効果も高いという点から見ると、やはり酵素入り青汁が一番だと感じました。酵素ドリンクの効果と青汁の効果、どちらも得ることができるとは健康面でも美容面でも効果が期待できます。

 

美味しい青汁ランキングはコチラ>>

 

ホーム RSS購読 サイトマップ