青汁と野菜ジュース、どちらがいい?

e-青汁ランキング|おいしくて飲みやすい人気の青汁!選び方はコレ

青汁と野菜ジュース、どちらがいい?

 

 

青汁と野菜ジュース、これらふたつは似ているようで違います。青汁と野菜ジュースの違いを知って、どちらが健康面や美容面に効果があるのか?どう選んだらよいのかについて考えて行きましょう。双方のメリットとデメリットも踏まえて、どちらが良いのか考えましょう!

 

希少価値の高さ

「青汁は希少価値が高い!」と考えます。それは、青汁に使われている原料を見ると一目瞭然でしょう。大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉などが使われていることが多く、これらの原料は普段の食事ではあまり食するものではありません。

 

さらに、それらの栄養価の高さは一般的な野菜より高いものが多い上に、まんべんなく栄養を摂取できるものが多いことも特徴的です。

 

野菜ジュースに使われている原料は、普段の食事で食べるものが主流です。希少価値の高い原料が使われているということはあまりないのですが、野菜不足の食生活を送っている人や野菜嫌いの人には手っ取り早く野菜が摂取できる点が特徴的です。

 

栄養面

青汁は、ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素など商品によって違いはあるものの、まんべんなく栄養の摂取ができ、体質改善や病気の予防効果のある成分が多く含まれます。

 

しかし、野菜ジュースは製造段階で加熱や裏ごしなどの工程があり、その中で本来持っている酵素、ビタミン、食物繊維などが一部破壊されてしまいます。

 

安心について

青汁は原料に国産素材を使っているものが多く、産地の記載もしっかりしています。生産者を限定して契約している商品も多いので安心です。

 

野菜ジュースに使われる原料は産地が不透明な部分があります。また、飲みやすさを重要視しているために甘味料が入っていたり、食品添加物が使用されたりしています。やはり、続けるなら安心面は重要視して行きたいですね。そうなると青汁の方が安心面では優れているように思われます。

 

味に注目

いくら栄養価が高いと言っても、飲みにくいと続けることができません。その点、昔の青汁は飲みにくいものが多く、その効果は分かっていても続けられないことが多かったようです。しかし、現在発売されている青汁のほとんどは飲みやすいものばかりです。抹茶風味、お茶風味、フルーツ味など販売元もかなり味については改良していったようです。

 

野菜ジュースの味については、どの野菜を使っているかでかなり違います。飲みやすいものと飲みにくいものがあります。フルーツを使って飲みやすくしているものが多いようです。

 

自分でも作れる

青汁は自分で作ることは難しいでしょう。原料の調達が難しいので仕方ありません。

 

野菜ジュースは自分で作りやすいでしょう。好みの野菜やフルーツを準備し、ミキサーがあれば可能です。

 

アレンジについて

青汁は粉末タイプが主流で料理やお菓子に使ったりすることもできます。もちろん、水や牛乳などに混ぜて飲む方法以外にもたくさんの方法があります。アレンジを考えていない場合には、タブレットタイプ、冷凍タイプもあります。

 

野菜ジュースは、主にそのまま飲むのが一般的な方法です。アレンジするにもそこまで幅広くは行えないようです。

 

まとめ

あらゆる点から見て、継続して飲むことが基本という点から考えても、青汁の方が優れている面が多いように思われます。やはり、希少価値の高い国産原料を使用しているものが多い点や、栄養面などの点では確実に青汁に軍配が上がるでしょう。

 

美味しい青汁ランキングはコチラ>>

 

ホーム RSS購読 サイトマップ