e-青汁ランキング|おいしくて飲みやすい人気の青汁!選び方はコレ

e-青汁ランキング|おいしくて飲みやすい人気の青汁!選び方はコレ

人気の青汁ランキング

どの青汁にしていいかお悩みの方へ。
たくさん出ている青汁の中でも、人気の青汁を集めて青汁ランキングを作成しました。是非自分に合った青汁を見つけてください!

ホコニコのこだわり酵素青汁

口コミと詳細はコチラ>>

 

唯一無二!4種類の青汁原料と、139種類の植物発酵エキス、生の酵素を配合しています。複数の原材料を配合することで、飲みやすくすっきりとした味に仕上げています。

初回特別価格 送料 評価
980円 無料 青汁,ランキング,おいしい,飲みやすい,人気

ふるさと青汁

口コミと詳細はコチラ>>

 

明日葉によるむくみスッキリ効果、食物繊維による便秘解消におすすめの青汁です。また、3種類の原料がブレンドされており、子供でも飲みやすい味となっています。

初回特別価格 送料 評価
3,420円 2箱で無料 青汁,ランキング,おいしい,飲みやすい,人気

サントリー極の青汁

口コミと詳細はコチラ>>

 

青汁にポリフェノールが含まれ、美容や健康に良い青汁です。煎茶と抹茶をプラス、飲料メーカーのこだわりで飲みやすくした商品となっています。

初回特別価格 送料 評価
3,600円 350円 青汁,ランキング,おいしい,飲みやすい,人気

青汁三昧

口コミと詳細はこちら>>

 

3つの原料でバランスの良い栄養素が補給でき、ビタミンCや葉酸の補給目的としてもおすすめです。そのほかカルシウム、鉄分など現代人が不足しがちな栄養素も含まれています。

初回特別価格 送料 評価
3,000円 300円 青汁,ランキング,おいしい,飲みやすい,人気

えがおの青汁

口コミと詳細はコチラ>>

 

飲みやすい大麦若葉とニオイや辛味が気にならない黒生姜を原料としています。ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、ぽかぽか成分が1杯で補給できます。

初回特別価格 送料 評価
3,000円 無料 青汁,ランキング,おいしい,飲みやすい,人気

 

6位以下のおススメ青汁はコチラ>>

 

青汁の選び方

  1. 飲みやすい!
  2. 成分が充実!
  3. 産地が明確!
  4. お求め安い!

飲みやすい青汁を選ぼう!

青汁の選び方で大切なことと言えば、飲みやすさでしょう。
青汁は毎日続けることで効果が出るので、毎日飲めることがポイント。
青汁を飲みやすくするための工夫、例えばカラダに優しい甘味料配合など、美味しさと飲みやすさにこだわった青汁を選ぶことが大切です。

 

また、水や牛乳などに混ざりやすいことも青汁選びの大きなポイントです。
サラッとして飲みやすい青汁を選ぶと続けやすいでしょう。

成分が充実の青汁を選ぼう!

青汁は商品によって使われている原料に違いがあるため、成分に差が出て来ます。主原料として使われているものはもちろんですが、その青汁特有の原料にも注目してみましょう。
青汁は、スーパーで売っていない野菜が原料となっており、普段の食事では十分に賄えないような成分を摂取できるものが多くあります。
1つの野菜にこだわった青汁よりは、複数の野菜を使用している成分が充実している青汁を選ぶことで効果も出やすいでしょう。

産地が明確な青汁を選ぼう!

青汁の原料には多くの人が注目していますが、原料の産地については気にしていないという人もいるようです。
青汁の主原料になるものには、離島などの特定の地域で栽培されたものも多いのですが、中には中国産などの外国産の原料を使った青汁もあります。
国産野菜を使用している青汁かどうかをチェックしましょう。

 

また、原産地を明記しているメーカーの青汁を選ぶことをオススメします。
青汁は毎日飲むものですから、安全・安心は必須条件にしてくださいね!

お求め安い青汁を選ぼう!

青汁は続けてこそ効果の出るものです。続けるときに気になるのが費用面です。続けやすい価格であることは青汁選びには重要なポイントです。
販売元によっては、定期購入にすると割引がきくところや、まとめ買いをすると割引されるところもあります。上手に購入して長く続けられるようにしましょう。
また、忘れがちな送料も無料か有料かチェックしましょう。

青汁を求めるのははどんな人?

「まず〜い!もう一杯!」の青汁は健康飲料として有名ですが、現在は多くの人に親しまれるようになりました。

 

お年寄りから働き盛りの人たち、主婦から子供まで青汁の愛飲者は増えています。
今は様々な種類の青汁が出てきており、ドラックストアやスーパーなどでも見かけるようになりましたね。

 

青汁を選ぶ人の多くの理由は、健康維持と野菜不足の改善です。
青汁に含まれるミネラル、ビタミン類、食物繊維などは、生命維持活動を支え、日々を健康に過ごすための役割を持っている大事な栄養素ですが、現代では生活スタイルが多様化し、食事内容が偏りがちな現代人に不足してきている栄養素でもあります。

 

成人の野菜の一日の摂取目標は、350g〜400g。
しかし意識して野菜を食べていてもなかなか目標に届かないのが現実。
もやし一袋が200〜250g、キュウリ1本が100g程度ですが、目標量をバランスよく食べるとなるととても難しいですよね。
だから青汁で不足している栄養をを補おうということなんです。

「ミネラル」「ビタミン」「食物繊維」の栄養素について

では、青汁は身体にいいことは知っていても実際にどのように体にいいか知っていますか?
青汁に含まれる「ミネラル」「ビタミン」「食物繊維」などの栄養素は、健康にどのようにかかわってくるのでしょうか?
それぞれの特徴についてみてみましょう!

成分名 【成分について】 【効果例】 【含まれる食物】
ミネラル

ミネラルは生きるために必要な機能維持や調節に欠かすことのできない、40種以上にも上る成分の総称です。
ミネラルは、カルシウム・リン・鉄・ナトリウム・カリウム・マグネシウムなど。

アトピー性皮膚炎の軽減・水虫・やけど・肌トラブルを抑え新陳代謝を高める美容効果・高血圧の数値の安定化・糖尿病。 ひじきなどの海藻類・アーモンド、カシューナッツを含む豆類・するめ・牡蠣・にんにく・パセリなど・・・
ビタミン

ビタミンは全部で13種あるありますが、体内で生成することのできない成分
ビタミンA・B群・C・Eなどの他に、葉酸・パテトン酸など、女性に必要な栄養素が多く含まれています。

目の機能を守り、夜盲症を防ぐ。口内炎や風邪を予防し、皮膚や粘膜を守る。肌の美白効果や日焼けの補修効果。癌の予防。細胞の再生や代謝促進、老化防止。 ウナギ・レバー・チーズ・豚肉・豆類・卵・牛乳・緑黄色野菜・イモ類・サバ、マグロ、カツオなど・・・
食物繊維

食物繊維は腸内環境を整え、お腹の調子と健康の維持に役に立ちます。
日本人の食物摂取基準は18歳以上の男性は19g以上、女性は17g以上とされています。

コレステロール改善、糖尿病改善、心筋梗塞の改善、体重コントロール、腸内のビフィズス菌・乳酸菌の増加、便秘軟便の解消、腸内の発がん性物質の抑制など・・・ 穀類・野菜類・豆類・コンブわかめなどの海藻類、こんにゃく、果物、サトイモ、蕎麦など。

美味しい青汁を見つけましょう!

ミネラル・ビタミン・食物繊維、どれも欠かすことのできない栄養素ですが、毎日350gの野菜をとり続けるのは難しいですよね

 

野菜不足を手軽に解消できる方法として人気なのが青汁なんです。

 

 

「でも青汁は苦くておいしくない・・・」というイメージがついてしまっているのが残念なところ。
また、飲み難さという点では味の他に、粉末を溶かした際の「溶けにくさ」や「ざらつき」「粉っぽさ」などもあります。
また、原料によっても味の感じ方が変わってくるため、それぞれの好み次第で合う合わないが変わってきます。

 

味については、青汁の中でも有名なケールが一番癖を感じるようです。栄養素は高いのですが、独特の味、匂いを軽減するために他の原料と混ぜたりしているメーカーもあります。
大麦若葉はケールほどの癖はないようで、すっきりと感じるようです。
明日葉は食用にもされているので、一番抵抗が無いかもしれませんね。明日葉独特の風味がありますが、飲みやすいかと思います。
他にもゴーヤ桑の葉、緑茶などの原料で味や栄養素の調整をしている青汁があります。そこに甘味を加えたりして子供でも飲みやすい青汁も出ています。

 

メーカーさんも、もちろん続けて飲んでもらえるよう努力し、飲みやすい、さいきんは飲みやすい青汁が増えました。
青汁それぞれの種類・味・特徴を知って、味が良くて、溶けやすく、おいしく飲める自分に合ったものを見つけましょう!

  ホコニコのこだわり酵素青汁 ふるさと青汁 サントリー極の青汁 青汁三昧 えがおの青汁
青汁の主な原料

大麦若葉

 

明日葉

 

桑の葉

 

ケール

明日葉

 

大麦若葉

 

桑の葉

大麦若葉

 

明日葉

 

抹茶

 

煎茶

ケール

 

ゴーヤ

 

大麦若葉

大麦若葉

 

長命草

 

発酵黒生姜

一包のグラム 3g 3g 3.3g 3g 3.5g

★★★★★

ほんのり甘くて薄い抹茶味。飲みやすくて美味しさがある。

 

★★★
ケール100%よりも癖はないが、ヨモギのような風味が少し有。

 

★★★
抹茶、煎茶の味が強い。

 

 

 

★★★

青臭さは少なく、甘さもあるので子供でも飲みやすい。

 

★★★★
抹茶のような味で、青臭さが無い。

 

 

粉っぽさ

★★★
ほぼなし

 

 

 


若干あり

 

 

 


若干あり

 

 

 


水割りのみだと飲み難さを感じる

 

★★★
ほぼなし

 

 

 

粉の溶け具合

★★★
水でもすぐに溶ける
ざらつきがなく滑らか

★★★
水でもすぐに溶ける

 

 

★★★
水でもすぐに溶ける

 

 


溶けにくさ有り

 

 

 


溶けにくさ有り

 

 

 

特徴 4種類の青汁原料と、139種類の植物発酵エキス、生の酵素を配合。飲みやすくすっきりとした味で美味しい。 明日葉に含まれるカルコン成分で体の巡りを促進し、体内の余分なものをお掃除します。 体内に吸収しやすいケルセチンを配合煎茶と抹茶配合で口当たりがとく飲み安い。 おいしくバランスよく、お手頃価格が実現された、コスパのいい商品。楽天でも売り上げ上位で人気です。 有効成分を高めた発酵黒生姜と長命草を使用し、健やかアップ!飲みやすさとめぐりをよくする効果、大です。
おススメの飲み方

りんごジュースや牛乳割
一段と美味しくなる

 

 

豆乳割
粉っぽさが軽減される

 

 

 

お湯割
煎茶っぽくなり飲みやすい

 

 

 

牛乳割
粉っぽさが無くなり、甘みが出て◎

 

 

牛乳割
抹茶オレ風になる

 

 

 

飲みやすさでは「ホコニコこだわり酵素の青汁」がダントツですね。
野菜の栄養以外に生酵素も一緒に摂れる青汁はなかなかありません!
味、粉っぽさや溶け具合も悪くなく、どこをとっても◎です!
すこし青汁の味が気になるならジュースや牛乳などで割るといっそう飲みやすくなるのでお勧めです。
青汁には甘味を加えているものも多いのですが、サントリー極みの青汁はお茶感覚で、飽きが来ないで飲み続けられそうです。

 

青汁を選ぶときには、原料に何が使われているか、どういう効果を期待するか、そして飲み心地について調べながら、自分に合う青汁を見つけましょう!

 

青汁に使用する野菜について

青汁に使用する野菜は、大麦若葉、明日葉、ケール、桑の葉と4つの原料が主に使われています。青汁を飲んだことがある人は多くても、これらの違いや特徴を理解している人は少ないはずです。青汁に使われる野菜の種類を調べて、自分にぴったりな青汁選びに役立ててみてください。

 

大麦若葉

特徴

大麦若葉とは、イネ科の植物のひとつ、大麦の若い葉のことです。

 

大麦は成長することで穂をつけ、世界各国で穀物として食べられています。乾燥や低温にも強く、小麦の生産が難しい地域で栽培され、世界で最も古い作物ともいわれているものです。

 

私たちがよく知っている食べ物は、押し麦、麦芽、麦茶、ポン菓子などです。かつては日本で母乳の代用品としても使われ、非常に栄養価が高い食品として知られています。

 

主な栄養成分

大麦若葉の青汁で注目すべき成分が、SOD酵素です。SOD酵素は体内で発生した活性酸素の除去に役立ち、生活習慣病予防やアンチエイジング効果が期待されています。

 

ほかにもビタミンやミネラルも豊富で、食物繊維やアミノ酸の摂取にも優れています。大麦若葉にはβグルカンを多く含む水溶性食物繊維が多いのも特徴です。

明日葉

特徴

日本原産でセリ科の植物です。伊豆諸島、伊豆半島、三浦半島、房総半島などに古くから自生しています。

 

非常に生命力が強く、若葉を摘んでも明日には伸びているといわれるほどで、昔から不老長寿の妙薬として活用されてきました。

 

茎を切ると黄色い汁が出るのが特徴で、さわやかな香りを持ち、天ぷらなどクセを抑える調理法が用いられます。

 

一部の地域で生の明日葉が流通するほか、青汁の原料としても人気があります。

 

主な栄養成分

ビタミンやミネラルが豊富な野菜で、特徴的なのがカルコンやクマリンの抗菌成分です。これらの成分は非常に強い抗酸化作用を持ち、数々の臨床データにより動脈硬化や糖尿病予防の効果が確認されています。

 

また、ビタミンB群が豊富で、利尿作用があるルテオリンが含まれています。

ケール

特徴

ケールはアブラナ科の植物で、キャベツの原種に近く、結球しません。緑黄色野菜のなかでもビタミンの含有量が多いため、青汁にも広く活用されています。

 

青汁の創始者でもある遠藤仁郎博士が、1954年ケールの青汁を誕生させました。その後小学校での試飲が開始され、ケールは青汁の原料として広く知られることになります。

 

ケールの利点は大量に栽培できることです。最初は多少飲みにくい感じがしますが、現在は飲みやすく加工がされたケールの青汁商品も多く登場しています。

 

主な栄養成分

ビタミンやミネラルが多いのが特徴です。抗酸化作用を持つビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含み、カルシウムの摂取にも役立ちます。

 

また、快適な睡眠に必要なメラトニンも含み、食物繊維で便秘や生活習慣病対策にもなります。

 

桑の葉

特徴

ケールはアブラナ科の植物で、キャベツの原種に近く、結球しません。緑黄色野菜のなかでもビタミンの含有量が多いため、青汁にも広く活用されています。

 

青汁の創始者でもある遠藤仁郎博士が、1954年ケールの青汁を誕生させました。その後小学校での試飲が開始され、ケールは青汁の原料として広く知られることになります。

 

ケールの利点は大量に栽培できることです。最初は多少飲みにくい感じがしますが、現在は飲みやすく加工がされたケールの青汁商品も多く登場しています。

 

配合成分

桑の葉の特徴的な成分が、1-デオキシノジリマイシンです。血糖値上昇抑制効果が確認されており、健康対策としても注目されています。血糖値対策により、内臓脂肪の蓄積予防にもなるといわれています。

 

ほかにもカルシウム、鉄、カロテンも豊富に含まれ、GABAも入っています。GABAは記憶力アップ、精神安定効果、血圧を下げる効果などが期待できる成分です。

 

酵素青汁ってなんだろう!?

今話題になっている酵素青汁、これまでの青汁とはどのような違いがあるのでしょうか。

 

これまでの青汁に酵素を加わった青汁が「酵素青汁」です。
現代人の野菜不足が深刻になっている今、野菜に含まれている酵素も必然的に不足しています。
酵素が不足することによって、病気を招いたり、美容面でもトラブルが発生したりします。ダイエットの効果が出にくい人、疲れやすい人も酵素不足が影響していると言われています。

 

しかし、酵素という成分そのものは摂取しにくく、その上破壊されやすい成分です。
熱に弱い成分なので、いくら酵素が含まれている食材だとしても、調理の際に熱を加えることで破壊されてしまいます。
生の食材にしか含まれていないのが酵素なのです。
また、酵素はストレス社会を生き抜く私たちは大変重要な成分です。酵素はストレスを感じると破壊されてしまうので、ストレスを感じやすい人は酵素が不足することになります。

 

さらに、酵素不足が慢性化することによって、うつを引き起こしやすいと言われています。うつを招くのは食事に関係があると言われますが、正しくは酵素と関係があると言えるのです。
総合的なに健康を目指し、美容効果を目指すのであれば、酵素青汁を選ぶことが一番の近道と言えるでしょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ